iPhoneXといえば、本体の背中の方に装着させるシンプルなものが主流ですが、これとは異なるタイプの形状をしているのが手帳タイプやブックカバーと呼ばれる形式のものです。

見た目はまるで小さな本のようになっており、本の中にiPhoneXが収まっているような格好になるのが特徴です。
最もiPhoneXも極限まで進化した手帳といってもいい側面もあるので、手帳カバーを装着させるのもある種の面白さを兼ね添えているのかも知れません。

手帳カバー形式の多くはレザーでできています。言い方を変えると、レザーで作られているケースを求めている場合手帳形式のものが増えつつあります。

見た目はレザー製品の中でも落ち着いたトーンの物が主流であり、派手さがないのでオフィスで使用しても違和感がない仕上がりになっています。

仕事でも私生活でも両方でそのまま使用できる見た目となっているので社会人向けともいえます。


これはどのカラーのレザーケースにも言えます。

女性向けに淡いカラフルなタイプのものも登場しているので、かわいらしさも求めている人のニーズもカバーしています。



手触りもレザーならではの、なめらかでほどよい触り心地ですし、使えば使うほど手になじんで味が出てくる野も特徴です。

一つのケースを長く使い続ける人との相性もいいでしょう。機能性で見た場合の最大の特徴は、iPhoneXを立てるスタンドとして使うことが出来るという点です。

写真などを見せたい場合に便利です。

コンパクトなボディに高性能を詰め込んでいるiPhoneXを持ち歩いて使う場合、iPhoneX以外にも色々な物を持ち歩く事が多いです。

USBケーブルやモバイルルーターを持ち歩く人は多いでしょう。

これらをカバンの中などに入れますと、カバンの中で散らかってしまい、使う時に不便を感じる事が多々あります。


iPhoneXのアクセサリーの中には、収納を重視したケースも販売されています。
このケースを使えば、本体とモバイルルーターとケーブルなどをまとめて持ち運べますので重宝します。



iPhoneX本体やUSBケーブルなど複数の周辺機器をまとめて持ち歩けるケースを使う利点は、一つにまとめる事で、常に持ち歩いている物を家に忘れたりするリスクを抑えられる事です。

モバイルルーターの代わりに、薄型のモバイルバッテリーを収納しておけば、いつでもどこでも充電が出来ますので便利です。

複数の端末を持ち歩く際にも重宝します。

iPhoneX用のアクセサリーを活用する事で、よりモバイルライフが快適で使いやすい環境を整える事が可能になります。



この他にも、バッグの中に入れるバッグが販売されており、モバイル機器を収納するのに適した製品が数多く販売されています。

バッグインバッグを使えば、スタイリッシュなバッグの中に、モバイル機器を収納したカバンを入れる事が可能になりますので、ファッショナブルに使えるようになります。

大手量販店などで販売されていますので、入手性も高いです。