産廃業の許可が必要な方へ
2019年6月18日

事業主が求める産廃業の許可申請とは

ビジネスチャンスを感じて、これから産廃業に参入しようと検討している事業主の方もいるでしょう。

違法投棄が増えたことから、国も産業廃棄物の管理を徹底して行っています。違法に不法投棄した人はもちろん、産業廃棄物の排出主にもその責任が生じることになりますので、とても厳しくなったといっても過言でありません。個人でも産廃業の許可申請を行うことができますが、なるたけ代行を依頼することをお勧めします。事業主が求める、早い・簡単・確実を確かに手にすることができる代行業者の存在をしてください。

産廃業の許可申請を行っている良い行政書士の事務所というと、スムーズに申請を行うことになります。なかには依頼を受けたその日に申請の予約を行ってくれる事務所もあり、そうなると早く申請の許可がおりることになるでしょう。このようなこともビジネスチャンスとして見出している事業主にもとても重要になってくることから、行政書士事務所をえらぶ時には参考にしてください。

もうひとつ許可申請を行うときに重要視してほしいのが、今までの経験になります。産廃業に長けている行政書士であれば、確実に自治体に対して許可申請を通すことができますので、なるたけ経験豊富な事務所に依頼することをおすすめします。もちろん新規だけではなく、更新にも貢献しますし、優良認定や中間管理や詰替え保管といった産廃業特殊の肯定についても許可申請を行うことが出来ますので、相談してみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *