産廃業の許可が必要な方へ
2019年5月21日

産廃業の許可申請に必要な講習会

産廃業営む際には各自治体に許可申請を行ないますが、その前にはまず必ず講習会を受けなければなりません。

講習会の内容や日程は特別かそうでないかで異なり、さらに処理と収集・運搬で分かれています。ただ処理と収集・運搬を同時に受けるカリキュラムも用意されていて、料金が割安になる上に合計で1日以上の短縮が可能です。

講習会を受けるのは個人の場合は本人、法人だと代表者あるいは役員やそれらに相当する政令使用人であることが求められます。講習会はただ受けて終わりではなく、試験に合格しなければ許可申請に用いられる修了証は得られません。ただ不合格となっても再試験を2回まで受けることが可能で、再試験での不合格となると申し込みからやり直す流れとなります。また修了証の有効期限は新規で5年に設定されていて、その期限内に産廃業の許可申請をしなかったり許可が得られなかった場合は改めて講習会を受け直さなければ申請できません。そして更新をする場合の期限は、例外はありますが基本的に2年です。

産廃業にも期限があり、改めて許可申請をする場合は5年以内に講習を受けている修了証を求められることがほとんどです。さらに許可申請は自治体ごとに行なわなければならないため、営業範囲を広げる度に修了証が必要となります。ただもし他の自治体ですでに産廃業を行なっていて、期限が切れていないのであれば、更新の修了証を新規に用いることができる自治体もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *